0615-0616

なりゆきの果てにジョイ⚪︎っくすポコさんに撮られた打ち上げの図

 

ヅカソロツアーほんとに楽しかったねーーーーーーーーーーー\m/

物販のグッズ初めてコンプリートした…

 

ライブはいつだってキラキラでとっても楽しいし、飯塚さんの音楽やギターや歌はいつだってかっこいい!

そして飯塚さんは優しくて可愛くてまぶしくて本当にかっこいい!

って強く強く思えた4公演だった!

ライブに行く日々はずっとずっと青春だ

 

これからもあの景色を追いかけて行けますように

 

0614

気になってる芸人さんがいてタイタンシネマライブを観てきたヨ〜 良良良

映画館で観られることも想定してか、各演者さんの転換中の演出(音楽/画面)が凝ってた

 

ネタ的には

🥇人間動物園

🥈41歳赤ちゃん

🥉宗教にハマってる弟

かなーーー 狂ってるキャラが好き!

面白かった!

0512

ずっと観たかったプレイグスのライブに行ってきたヨ〜 良良良

きっかけは以前実家で日ホラを聴いてたときに、飯塚さんの歌声が好きならこの人の歌声もオススメだよと父にCDを貸されたことである

(なんだろ声質?歌い方?何かが似てる)

 

会場が渋谷のクアトロだったんだけど、この話を母に伝えたら妊婦だった頃にクアトロにライブを観に行ったことがあると言われた

胎児のころからライブハウス行ってたのか、わたし

めも

制約の中の美学なんて詞が彼女らの歌にある

やっと最近それもありだなと思えることが増えてきた

スーパーできのこの山たけのこの里を一度に両方買わず、片方を商品棚に戻せるようになってきてしまった(そういうことなのか?)

 

実をいうと、マジカルストーリーを1月に生で聴いてから、やり残してきたことを一旦ぜんぶやり切った感が出てしまっていた

言い過ぎじゃない?って思われるかもだけど、たった1曲をもう一度聴きたかった心残りが確かにこの数年の生きる原動力になっていたよ

 

この数十日間、わりと真面目に「マジカルストーリーをもう一度聴く」以上に叶えたい夢って思いつかないな…と考えていた

(※ここでの願望はあくまで自分が主体のもので、「推しちゃんにめちゃくちゃ幸せでいてもらいたい」みたいな願いは別扱い)

 

が、

解脱した人みたいなっていたけれど、LET'S GET STARTEDを聴いたら「ツアー4公演しかないの!?少なくない!?」とシンプルな煩悩が蘇った

4公演は少ないよ!!!!!!!!

ちっちゃいライブハウスっていうかライブバーでWay Homeを弾いてくれる飯塚さんの妄想がはかどること!

 

それと同時に、秋以降のツアーの日程が20公演分ドカッと告知された

いまの生活サイクルを辞めさえすれば土曜日の公演も気兼ねなく申し込めるし、日程が出る前から最近もう辞めちゃおっかなぁって思ってたんだけれど、

アルバムを聴いたら、まだ逃げずにむしろもう少し頑張りたい気持ちが戻ってきて、どうしようかと悩み中…

 

n年前に就職してから、いつの間にかライブの告知がされたら可能な限り全ての公演に行くプログラムが当たり前のように自身の中に組み込まれていた

高校生や大学生の頃の君はそんなんじゃなかったぞ

 

いま久々に「行けるとしたらこことここだな〜」「この日は難しいな〜」「ここは絶対に行きたいから代わりに他は我慢しよう」「それでもなるべく行きたいから私生活のこれを削ろう」などとアレコレ思案している

全部の公演に行けない悔しさが出るかと思いきや、どうすれば自分がいちばんハッピーになれるスケジュールを組めるか検討するのが意外と楽しい

 

20公演は決して全部行くための20公演じゃない

20個あるうちから好きなものを選んでね、っていう融通の効いた提案なのだ

 

制約があるからこそ、自分なりの楽しいをこねてこねて作り上げることができる

 

ここまで丸くなってきたのは、マジカルストーリーを聴けたことも関係していると思う

懺悔すると、過去には「億が一自分が行かなかった公演でマジカルストーリーを聴けなかったらどうしよう」って不安が申し込む動機のひとつになってたときもあったので…

 

たぶん今年の最初にこの曲を聴いていなかったら、わたしは脊髄反射でバイトを飛んで全通すればいいや!と即断していたかもしれない

 

優柔不断で決断することが苦手だから、長時間悩みたくないがためにいままで0 or 100の極端な選択をしちゃうことが度々あった

なので、今年は取捨選択のトレーニング…!!

7分目、8分目で満腹感を得る練習!

 

7/1のライブは幸いなことにチケットが取れた

神様からの手招きってことで行けるように最大限努める…!

あとひとまずはGW中に生活全般や推し事の予定を整理したいな〜

\レツゲ発売/

おめでたい、まじでおめでたい。

4月24日を国民の祝日としましょうぞ!(レツゲ記念日)

 

インタビューなどで語っていた「自身の財産となるようなアルバム」って表現にグッときたけど、実際にアルバムを聴いてみたらまさにそんな「飯塚さんの音楽集」だった。

1曲1曲が濃くて存在感がある。

7曲入りって一見少ないかもだけど、どの曲も手が込んでいて十分お腹いっぱいになれる!(ちょっとお高めのコース料理みたいね)

飯塚さんの曲のどんなところが好きかって、曲の中のスキマの埋め方(音の置き方)がすごく気持ちよくて好きなんだよなぁ。美。芸術。

 

わたしはWay Homeがいちばん好き。

曲名をみた時点であぁたぶんやばいだろうなぁと察したけれど、聴いたら本当にその通りだった。財産に相応しい、辛くて苦しくて格好良くて美しい演奏だった。届けてくれてありがとう。

 

実はHOPE forのコーラス募集に応募しなかった(バカ正直に毎日練習?していたのに最後に勇気が出なかった)ことが自分のなかでモヤモヤとして残り続けていた。

けれど、6月のツアーのときにちょっとでも声を出せたらそれでいいかな!と楽曲を聴いたときに優しくフワッと思えた。

 

ここ1ヶ月自分がポンコツすぎるゆえに、ストレスが身体に出てしまう頻度が増えていて(肉体に出るおかげで心は普通)、逃げるか逃げないかばかりを考えていた。

今のままだったらいつか自分の心も歪みかねないからどうかしなきゃなぁ…と悩んでいたタイミングで、アルバム発売ウィークが来てくれた。助けられた。

 

Way Homeのギターを聴いたら大丈夫だわたしは負けないとなぜか自然に思えたし、きのうの生配信をみてやっぱりそうじゃんと思って大人気ない泣き方をした。

 

始まりはただ音楽を好きになって、どんな人がつくっているのかまでは分からない状態だったけれど、偶然好きな音楽をつくってくれた人が、というか好きになった人がこんなに優しい人で本当に幸せだと思う。

優しい人の優しい言葉があるから、わたし達は道を間違えてもまた何度でも帰ってこれる。

\レツゲフラゲ/

アルバムフラゲ日!

仕事から帰ってきたら不在通知がn件来てた\(^o^)/

+おうちにひとまずn枚届いた!

 

大本命のこげちゃき特典は十日町のお店からお取り寄せしました🥳

 

そしてそしてアルバム早速開封した!

ジャケット裏面も最高最高最高最高…

 

最高の十日町セットでいざ聴き始めるわよ…